JGAA日本ガラス工芸協会 to top to English page
会員  

板橋 一広 / Ikkou ITABASHI
1957〜
埼玉県/Saitama
itabashi@ikkou-re-glass.com
http://ikkou-re-glass.com

環境共生と素材表現の可能性をテーマに、リサイクルによるガラス新素材を研究。「雪花硝子」と言う結晶化アート硝子を制作。自然から喚起される豊かな感性を素材と光の中に見出し「小さな自然」を表現するアートを展開中。


経歴:
1980 ICSカレッジオブアート卒業
2006 IPEC21/2006デザイナーズショーケース[りんね・雪花硝子]で大賞を受賞
2009 IPEC21/2009デザイナーズショーケース テーマ[陰影]で大賞を受賞
   岐阜県大垣市に硝子工房を設立(現在は長野県須坂市に移転)
2013 2013年グッドデザイン賞受賞「建築用硝子の結晶化による再生硝子/雪花硝子」
2017 JR西日本寝台特急「トワイライトエクスプレス瑞風」食堂車のアートガラスを制作
activity:
1980 ICS College of Art graduate
2006 IPEC21/2006 Designers Showcase [reincarnation・Sekka Glass]
   winning prize Grand prix
2009 IPEC21/2009 Designers Showcase [Shadow] winning prize Grand prix
   Foundation of glass studio(Gifu Prefecture)
   Now moved to Nagano Prefecture
2013 good design award「Recycled glass by building waste
   glass crystallization」
2017 West Japan Railway Company「Twilight Express MIZUKAZE」
   Glass art wall in Dining car


「木漏れ日のグラスウォール」
Sunlight filters through the trees
2015年
H2100×W8100cm
再生結晶化硝子
「光のカスケード」 Cascade of light Glass
2012年
H3500×W9000×D800cm
「時を重ねる」
Overlaying the time
2016年
H5500×W600cm

arrow戻る 

トップページ | お問い合わせ | サイトマップ | English |  ©2006 JGAA